マイケル・ロングリー

Michael Longley

プロフィール

マイケル・ロングリー氏

詩人、イギリス(北アイルランド)出身、79歳(式典開催日時点)。北アイルランドのベルファストで1939年に生まれる。王立ベルファスト学院とトリニティ・カレッジ・ダブリンで教育を受け、古典学を学んだ。北アイルランド芸術文化振興会に20年間勤務し、地方における文学と伝統音楽の振興に携わる。11冊の詩集を出版しており、Collected Poemsは2006年に発表された。最新の詩集であるAngel Hill は、Sidelines: Selected Prose 1962-2015と同じく、2017年に出された。

詩集The Stairwell (2014年)は、グリフィン・インターナショナル賞を受賞。2001年にクイーンズ金メダルを授与され、2003年にはウィルフレッド・オーエン賞を受賞。さらに、ウィットブレッド賞、ホーソーンデン賞、T.S.エリオット賞を受賞している。2015年に、ベルファスト名誉市民に選ばれ、2010年に大英帝国勲章司令官を与えられた。2007年から2010年までアイルランド詩学会会長を務めた。2017年に国際ペンクラブ・ピンター賞を受賞。1991年に日本を訪れ、日本の芸術文化に感銘を受けた経験が、詩作に影響を与え続けている。代表作の一つに詩集『日本の天気』がある。